読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きがいについて

仕事が激務で人生疲れたみたいな人が

知り合いにいるみたいなんだけど、

なんのために仕事しているのかわからなくなるときあるよね。

 

自分は社会の●●を変えたいとか、

思っている人は仕事がいくら激務だろうと

それが自分の生きがいなんだから

ひたすら続けていくこともできる人なんだろうけど。

 

でも、人間として、普通に結婚して、普通に子供を作れば

そんなこと二の次で、自分の家庭を守ることが

自分の生きがいになると思うんだけどな。

だから、自然と仕事の優先順位って下がるはずだよね?

 

それを両立したい、っていう思想を持っている人は

それでいいんだろうけどさ。

人間は生きる上でやることをできる時間が限られているから

両立している人は、自分のための時間が減ることになるよね。

 

自分にとってはそんなの耐えられない。

明らかに、自分は仕事をするために生まれてきたわけじゃない。

だとしたら、仕事でどーなったって

自分の人生にはなんの関係もないはずだけどね。

 

僕は、「失敗したくない」的な変なプライドがあるから

仕事で失敗しないかどうか、みたいな心配事を

自分の生活の時間に考えちゃうこともあるんだけどさ。

ほんとうはそんなのナンセンスだよね。

自分にとっては、嫁と子供の笑顔とか寝顔とかを見るのが

生きがいなんだなーっていうのは間違いなく思っていることで。

 

仕事の優先順位を間違えることが仮にあったとしても、

そこんところの人生の優先順位だけは間違っちゃいけないよな。

そう思うと、仕事のプレッシャーとか

ちょっと軽く思えて来た気もするな。